〜に火をつける、(心などを)燃え立たせる

クライアント様が "エンジン"としたならば、そのエンジンが最も効率よく、かつ、最大のパワーを発揮するための"着火点"でありたい。その思いを込めて社名をigniteとしました。

どんな業種であれ、creativityが要求されない仕事はありません。

我々は、コミュニケーションに係るあらゆる領域の課題に対して、常にクライアント様の目線にたち、エージェンシー・ニュートラルな立場で、最適なサービスを最速でプロデュースし、クライアント様のCreativityが最大限に発揮されるお手伝いを致します。

会社名
株式会社ignite
設立
2010年7月1日
資本金
3000万円
所在地
東京都港区六本木4-2-35-502

大手広告会社のアイデア・クオリティを最速で

・商品戦略や事業戦略のレベルまで俯瞰して広告戦略を考えたい ・そもそも社内でマーケティング課題が明確には共有されていない ・最適なスタッフフィングを組みたいが、わからない。仮に知っていても指名できない ・気のきいたアイデアをスピードよく出してほしい ・とにかく全部わかる人に気軽にまとめて相談したい

そんなクライアント様は、まずigniteにお声かけください。博報堂・電通・企業経営の経験のあるスタッフがご相談に応じます。

「大手広告会社のアイデア・クオリティを最速のスピードで」それがigniteのウリの一つです。

課題は社内にある?!

・企業における"コミュニケーション領域"の最大の課題は、課題そのものが社内で明確になっていない、もしくは、正しく社内で共有されていない、というケースが多いようです。 ・実は、経営課題についても、その大半がインナー・コミュニケーションの課題であると我々は考えています。 ・一方で、「やるべき事は皆わかっているのだが、なかなか出来ないんだ」と言う声も良く聞きます。 ・この問題の一番の課題は、組織が官僚化していることです。これは、会社が成長して、大きくなればなるほど、今まで連携出来ていた組織同士が、お互いの利益・目標の達成を優先するために起きてきます。また、皮肉なことに、その組織長が優秀であればあるほど官僚化が進みます。 ・これは、その組織長一人の責任ではありません。その組織を繋ぐ人の役割です。つまり、トップマネジメントの仕事です。 ・キーワードは、[facilitate] [motivate] [positive feedback] ・行動の目的と発信者を明確にすれば解決するはずです。

igntieは、"組織"と"組織"の間で目詰まりを起こしている箇所を明らかにし、コミュニケーションの力で、社内をfacilitateし、motivateして、様々なステークホルダー(顧客、株主、社内)からのpositive feedbackを
仕組み化していくお手伝いもできます。

Service 映像制作サービス

商品やサービス紹介の映像制作なら、igniteにお任せください。シナリオ設計から編集、海外向けの他言語に対応した映像制作などが簡単に行えます。

Price

  • 日本語・英語 2か国語対応 ¥1,500,000〜
  • 英語のみ ¥1,000,000〜

※詳しくは各担当者までお問い合わせください。

Sample

  • 日本語
  • 英語
  • 代表取締役

    笠松 良彦

    1964年生まれ

    1986年 (株)NECにてビジネスキャリアをスタート。海外営業グループの中近東担当営業として、イランイラク戦争中のイラン国を担当。イラン通信省や石油公社、ガス公社、革命防衛隊などのクライアントを担当。この時代に営業職としての基礎を築く。
    1992年 (株)博報堂にて営業&プランナーとして、日本IBMやクラランス、クレディスイスなど、外資系企業を中心に、広告計画の立案・広告制作・メディアプランニング・イベント・販促活動など幅広く手掛ける。
    2001年 日本の広告業界の構造改革を模索すべく、(株)電通に転職。当時新設されたメディア・マーケティング局に着任。表現とメディアを融合した新しいクロスメディア・プランニングを数多く実践。(2005年にはカンヌ国際広告祭にてメディアライオンを受賞)
    クライアントへのコンサルティング業務も実施。
    2005年 「R25」を核とした新しいクロスメディア・ビジネスモデルを推進すべく電通とリクルートでジョイントベンチャー(株)Media Shakers を設立し、初代の代表取締役社長に就任。5年にわたってR25事業を統括・推進。2010年3月に事業構造・株主構成の変更に伴い退任。
    2010年 クライアント企業のマーケティング・パートナーとして、特にトップマネジメント層が抱えるコミュニケーション領域における企業内外のあらゆる課題に対応するため、(株)igniteを設立。
  • プロデューサー

    菊地 英雄

    1976年生まれ

    1999年
    4月
    (株)博報堂にてビジネスキャリアをスタート。外資系自動車損害保険会社オールステートの日本地区Launch作業を担当。宮城県でのテストマーケティング的な活動に従事し、河北新報、東北放送などと主に媒体関連業務を担当。同時に新聞・TVCF・RDの制作プロデュース業務も担当。
    1999年
    10月
    デルコンピュータ(現デル株式会社)の媒体・WEB制作担当営業として、日本での活動サポート業務をする傍ら、DELL Koreaの立ち上げサポートとして、チェイル博報堂にて短期滞在を繰り返しながら、約半年間韓国での事業設立、広告活動の基礎を構築。
    2001年 アリコジャパンの雑誌・WEB担当営業としてダイレクトレスポンスの分析、プランニング業務も担当。
    2004年 J-phone→Vodafoneの会社名変更の作業のサポートに携わり、その後VodafoneのMedia Buyingリーダーとして全Media及び店頭プロモーション、街頭プロモーション、WEB運営の責任者として活動。これまでに培った人脈、ノウハウを活用しながら、当時の広告代理店としては珍しいFeeでの取引を実施。
    2005年 新たな道とより高いレベルでのサービス提供を求め、(株)電通に転職。当時広告ビジネスが成立し始めた初期のインタラクティブ・コミュニケーション局に配属、プロデューサーとしてホンダ自動車・富士フィルム・Vodafone・綜合警備保障・サントリー・インテリジェンス・オンワード・日清食品などのインタラクティブ広告に従事。
    2005年
    10月
    (株)ユニデンの新規事業の競合プレゼンに参加し、直販モデルの基幹システム(ECサイト、本社決済機能との連結、物流システムとの連携)を受注。プロジェクトリーダーとしてユニデンに常駐開始。
    2006年
    4月
    ユニデンの子会社として設立した販売会社ユニデン・ディレクトインの常務として出向し、その後代表取締役社長として2006年9月まで業務に従事。
    2006年 (株)電通に復職し、再びインタラクティブ・コミュニケーション局でプロデューサーとして活動。
    2009年
    10月
    コミュニケーション・デザイン・センターに異動し、リアルとヴァーチャルの融合したソリューションモデルを模索し業務に従事。既にインフラ化したWEB上での広告活動と消費者のリアルな接点を複合的に活用したソリューションを提供。
    2010年
    9月
    (株)igniteに出向、現在に至る。
  • ソリューションディレクター

    髙橋 彰宏

    1974年生まれ

    1997年 ヤラカス舘(マーケティングエージェンシー)にてビジネスキャリアをスタート。マーケティングプランナーとして、プリンスホテルグループなど様々な企業のマーケティングコミュニケーションの企画・実施を行う。
    1999年 大広へ転職。当時、広告業界ではまだ数少なかった営業/マーケ/メディア/プロモーションスタッフで組織されたアカウントユニットチームに配属。約5年間プロジェクトマネジャーとしてカゴメ株式会社の飲料部門の商品開発業務、コミュニケーション業務を担当。
    2004年 電通へ転職。大塚製薬グループアース製薬の広告プロモーションを担当。
    2006年 資生堂シーブリーズブランドのリバイバルプランを担当。マーケティングターゲット、ブランドの提供価値、広告投資商材を変更しV字回復に成功。3年連続大幅な売上拡大をし、現在はターゲットの約3人に1人が所持する人気ブランドへ。2010年度まで担当。
    2009年 資生堂メガブランドの一つ「GRANAS」を担当。ローンチ後の早期定着を目指し、PR及びプロモーション施策を通して、生活者の評判形成を構築。
    2010年 カゴメ株式会社の野菜100%ジュース「野菜一日これ一本」ブランドのリバイバルプランを担当。09年首都圏でのコミュニケーション投資テストを成功させ10年度から全国で広告プロモーション活動を再開。3年連続で二桁成長に寄与。11年度、ブランド過去最高の売上げを更新。現在も商品開発サポートからコミュニケーションデザインまですべて担当。
    2011年 アンファー株式会社の主力商材「スカルプD」のマーケティングコミュニケーション活動(広告戦略・プロモーション戦略・CRM戦略)までトータルで担当。男性用シャンプーシェア1位を獲得し不動のビックブランドへ成長。
    2012年 新たなクライアントへのサービス提供を考え、イグナイトへ出向。
HOME